HOME>ニャンともほっこりなバーチャルシティーの多忙な市長

ニャンともほっこりなバーチャルシティーの多忙な市長 pickup

2018.05.02
CATEGORY_プロモーション
AREA_滋賀県

見事第8代こにゃん市長の座を射止めた「きゃら」君

世の中の政治は慌ただしく、いつも眉間にシワを寄せてしまうような話題ばかり。そんな中、全ての人たちに笑顔と癒しを与えてくれる市長が誕生しました。滋賀県湖南市で、いつも同市の発展と活性化を願う「にゃんこ市長」です。これは、湖南市が観光振興のために行っている企画。「こにゃん市」というバーチャルシティーを立ち上げ、実際に市内で飼われている猫が「こにゃん市長」として従事しているのです。こにゃん市長は、毎年春頃行われる「こにゃん市長選挙」によって選ばれたれっきとした市長! 2018年3月に、第8代目のこにゃん市長が選出されたばかりです。

こにゃん市の誕生は、ふとしたきっかけからでした。

湖南市の観光振興について、観光協会役員内部で雑談がされている中、湖南をもじった「こにゃん」という言葉を使って何か情報発信ができないか?という話題が持ち上がりました。そこで湖南市には、県の動物保護管理センターがあり、こにゃん=猫 と言う事で、観光振興と動物愛護啓発を掲げた架空の都市「こにゃん市」が企画され、猫によるこにゃん市長を選挙で決めていこう、という動きになりました。

市長選挙は市内在住の飼い猫を対象としたため、動物保護管理センターに預けられた猫の里親探しを目的とした市議会議員選挙、犬を対象としたコワン市長選挙も実施。その後、こにゃん市とコワン市は合併し、現在のこにゃん市となりました。

平成23年に第1回こにゃん市長選挙を実施してから、今年で8回目。第8代にこにゃん市長に輝いたのは、旅行代理店でネコ店長を務めている「きゃら君(オス・1才)」。ニャニフェストとして、「僕が市長に当選したら動物愛護の啓発と、こにゃん(湖南)市の観光発展に努力するだニャ~」と訴え、他2匹の立候補猫を抑え見事当選を果たしました。

選挙は、毎回新聞、テレビ、雑誌等で取り上げられ、こにゃん市=湖南市の認知度は少しずつ浸透しつつあります。今後は、立候補条件の緩和の検討や動物愛護啓発にも力を入れ、人と動物が安心して暮らせる湖南市を目指し継続されていきます。

【公式】こにゃん市
http://www.burari-konan.jp/konyan/
【公式】第8代こにゃん市長選挙結果
http://www.burari-konan.jp/konyan/shicho-senkyo/2018/shicho_list.php

 

第7代のジュリアーノは、6代からの二期当選を果たしている