HOME>喜界島の「島そら豆」を使った醤油を作る、クラウドファンディングを開催

喜界島の「島そら豆」を使った醤油を作る、クラウドファンディングを開催 pickup

2017.06.29
CATEGORY_募集
AREA_鹿児島県

 鹿児島県喜界島で、江戸時代から続く伝承野菜「島そら豆」の食文化の復活、維持を目的として立ち上がった「島そらプロジェクト」。日本初となる純国産グルテンフリーしょうゆを作るために、クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」にて、2017年7月19日(水)までクラウドファンディングを開催中です。

 喜界島は鹿児島県の奄美群島に位置する離島の一つで、世界でも極めて速い隆起速度で造られた隆起サンゴ礁の小さな島。島そら豆は古くは江戸時代からある伝承野菜で、通常のそら豆の半分程の大きさで味が濃く、みずみずしく甘いのが特徴だそう。古くは島民の食卓に欠かせない食材でしたが、近年は食べられることが少なくなってきています。

 そんな伝承野菜「島そら豆」を普及させるため、今回の商品化を第一弾として、今後も味噌の商品化など喜界島の食文化を守る活動をしていくそうです。

【クラウドファンディング詳細】
・プロジェクト名:日本発!!純国産グルテンフリーしょうゆを作りたい!プロジェクト
http://camp-fire.jp/projects/view/29644
・目標金額:50万円
・期間:2017年6月12日(月)~7月19日(水)迄