HOME>基地の町、エイサーの町、音楽の町。沖縄市が女子目線で新たな挑戦

基地の町、エイサーの町、音楽の町。沖縄市が女子目線で新たな挑戦 pickup

2016.01.25
CATEGORY_プロモーション
AREA_沖縄県

main

沖縄本島中部に位置する沖縄市は、人口約14万人と沖縄第2の都市ながら観光面ではあまり知られていないことが課題でした。同市は基地の町として栄えた1970年代から通称コザロックに代表される音楽の町として知られ、さらにエイサーが盛んな地域でもあります。
これまで沖縄市では、沖縄を何度も訪れるコアなリピーターへの訴求を行っていましたが、女性向け観光の発進を始めました。四半期で発行する「コザに恋して」というフリーペーパーでは同市出身の人気モデル「岸本セシル」さんを表紙に起用し、カフェや多国籍料理など女子目線のコンテンツを発進しています。

また、昨年7月からは「沖縄市女子観光プロジェクトチーム」を結成し、市内外からの一般公募で10名が任命され、毎月の会議や観光施設を視察するワークショップなどを開催しています。

女子(女性)目線での観光の取り組みは、女子観光プロモーションチームとして山梨市、南魚沼市などでも実施されていますが、沖縄でははじめての取り組み。どのようなコンテンツが生まれてくるのか注目です。

参考URL:
コザウェブ
http://kozaweb.jp/news/detail.html?sp=true&id=309

sub1

sub2