HOME>「和服の似合う城下町」の着物柄ブックカバーが登場

「和服の似合う城下町」の着物柄ブックカバーが登場 pickup

2018.01.27
CATEGORY_プロモーション
AREA_大分県

大分県北東部・国東半島に位置する杵築市(きつき)は、江戸時代の趣きを残し全国初「きものが似合う歴史的町並み」に認定された町です。この町並みをさらに楽しめるよう、「きつき応援宣言」を実施しており、着物などで町を散策すると公共文化施設の入館料が無料になったり、約30の店舗でいろいろなサービスが受けられます。「レンタルきもの和楽庵」では300着に及ぶ着物を揃え、レンタルと着付けがリーズナブル(1着3,000円)で提供。手ぶらでも着物体験、散策を楽しむことができます。

その杵築市の着物柄をイメージしたオリジナルブックカバーが完成しました。福岡市の書店・図書館や、杵築市の図書館などで2月1日から、無料配布されます。文庫本を片手に杵築市まで小旅行をしてみるのはいかがでしょうか。

【杵築市 オリジナルブックカバー】
発行:杵築市 商工観光課
配布日時:2018年2月1日(木)~ 無くなり次第終了
配布先:紀伊国屋書店 福岡本店(博多)、紀伊国屋書店 天神イムズ店(中央区)、丸善 博多店、
ブックセンタークエスト小倉本店(北九州市小倉北区)、福岡市総合図書館(早良区)、福岡市東図書館(東区)、福岡市中央図書館(中央区)

杵築市観光協会
http://www.kit-suki.com/