HOME>海に浮かぶ「筏の上のレストラン」。延岡市のおもてなし動画が完成

海に浮かぶ「筏の上のレストラン」。延岡市のおもてなし動画が完成 pickup

2016.12.19
CATEGORY_デジタル
AREA_宮崎県

 フランスとスペインにまたがるバスク地方から着想を得て、延岡市と佐伯市が「食」「連携」をキーワードに進める「東九州バスク化構想」を進める宮崎県延岡市による、おもてなし動画が公開されました。動画はそのPRプロジェクト第一弾として、北浦漁港沿岸に筏を浮かべ作り上げた「筏のレストラン」を1日限定でオープン。その模様を収録したCMやPR動画となっています。2016年12月3日(土)からWEB動画で公開されています。食材の宝庫・延岡市による心温まるおもてなし、第2弾も楽しみな内容となっています。

動画:筏の上のレストラン
何も知らされず案内される招待客。2組限定のミステリーレストランの正体が徐々に明らかになります。ラストはド派手なサプライズと共にエンディングを迎えます。

東九州バスク化構想(延岡市)
http://www.city.nobeoka.miyazaki.jp/display.php?cont=160617161226

<動画制作チーム>
CD/企画/CW:田中淳一(POPS)
AD:小野信介(オノコボデザイン)
監督:小田桐浩希(T&E)
P:佐々木貴明(T&E)
美術:吉永幸浩(ヨシナガ芸工*宮崎)
出演:岸本直人(ランベリー・ナオトキシモト)
MRTアド+POPS+オノコボデザイン+T&E