HOME>夜の帳が下りた景色を照らす灯火「竹内街道灯路祭り」

夜の帳が下りた景色を照らす灯火「竹内街道灯路祭り」 pickup

2017.09.17
CATEGORY_イベント
AREA_大阪府

 大阪府南東部に位置する太子町は、聖徳太子、推古天皇、小野妹子などが眠る町ですが、日本最古の官道(国道)が通る道でもあります。その太子町で、竹内街道沿道、春日西交差点から道の駅「近つ飛鳥の里・太子」までの約2.3kmの区間でライトアップイベントが開催されます。

 灯ろう約3,000個を街道沿いに灯したり、寺院、神社、古民家での庭園ライトアップや二胡・ギターなどの演奏会、座禅体験、大阪芸大生による落語寄席、書道・工芸作品展示が催されます。さらに今年はイベント会場である竹内街道が大阪で初めて日本遺産に認定されたということで、新たな催し物としてだんじりの展示や相撲甚句の披露などスペシャルバージョンのイベントとなっています。

<イベント概要>
日程:2017年10月21日(土) 荒天順延の場合は、22日(日)開催 ※時代行列は中止
時間:午後2時30分~9時(午後5時 点灯)
会場:大阪府太子町 竹内街道沿道 太子町春日西交差点から、道の駅「近つ飛鳥の里・太子」まで
入場料:無料
お問い合わせ先:太子町観光・まちづくり協会( TEL:0721-21-1600 )
http://www.taishi-kankou.jp