HOME>ローカルグルメを救え! 地元の味を守り伝えるレッドリスト

ローカルグルメを救え! 地元の味を守り伝えるレッドリスト pickup

2018.04.15
CATEGORY_食・特産品
AREA_群馬県

昔から地元に愛され、もう何十年も変わらぬ味を提供し続けている小さな食堂や飲食店。あなたの地元にもそういったお店の一つや二つが、必ずあることでしょう。しかし、久しぶりに行ってみるか、と思い立って足を運んでみると、いつの間にかひっそりとその歴史に幕を下ろしていた。。。なんてことも珍しくないはず。その現実を知った時の喪失感は、意外にも大きかったりするのです。

そんな、どの地域にも存在する「安くて旨いローカルめし」を絶やしてはならない!という思いから、群馬県高崎市で、2017年9月に公開されたグルメサイトが「絶メシリスト」。

高崎市でも、名物店主が腕を振るい自慢メニューを提供してきた個人経営の老舗飲食店が点在していました。しかし、個人経営の小さな飲食店は全国的にも高齢化の波がおしよせ、後継者に託すこともできず暖簾を下ろしてしまう店が増えています。高崎市もその例外ではありません。そんな中、“新しさ”より“伝統”に着目したプロモーションで地域活性化を目指そうと、「絶メシリスト」が始まりました。

サイトでは、絶メシ調査隊が厳選した「絶メシ」を紹介する他に、長年こだわり抜かれた「絶メシ」の門外不出レシピの紹介や、『絶メシリスト』掲載店の将来的な後継者・インターン生の募集、絶やしてはならない“絶メシ店”のタレコミ情報投稿など、高崎市のローカルグルメを守り伝える機能が揃っています。

レトロ感溢れるメニューは五感で旅する昭和トリップ

家族や少人数で営業している個人経営店舗で、地域に愛され独自の旨いメニューや雰囲気を併せ持った歴史ある店舗が、絶メシリストの対象として認定。サイトでは、現在約30店舗が紹介され、店主の紹介や絶品メニューのレシピまでもが公開されています。

大型店やおしゃれなカフェもいいけど、訪れるとなぜだか落ち着いてしまうローカルグルメ。高崎市に足を運んだ際には、唯一無二の絶メシを堪能してみては。

【公式】絶メシリスト
https://zetsumeshi-takasaki.jp/index.html

喋らずとも物語る店主たちの腕と背中