HOME>1000年の大復興、その一歩一歩を辿る 奈良楽講座 ~薬師寺復興について~

1000年の大復興、その一歩一歩を辿る 奈良楽講座 ~薬師寺復興について~ pickup

2020.01.23
CATEGORY_イベント
AREA_奈良県

2020年2月7日(金)、法相宗大本山薬師寺 慈恩殿にて「奈良楽講座 ~薬師寺復興について~」を開催します。2019年に奉納された障壁画のある薬師寺慈恩殿で、薬師寺復興について学べる貴重な機会です。

 

【薬師寺復興について】
680年、天武天皇の発願により飛鳥、藤原京から造営され、平城遷都とともに今の西ノ京の地に移転した薬師寺。1300年の歴史の中で天災や人災により「竜宮造り」と呼ばれた壮麗な伽藍が消失しました。1968年以降の写経勧進により金堂、西塔、中門・回廊、大講堂、食堂が次々に再建されてきた薬師寺白鳳伽藍復興の軌跡について、今春の国宝東塔大修理落慶を記念し、これまでの道のり、思いを法相宗大本山薬師寺執事長の大谷徹奘師にお話をうかがいます。

今回の会場は元総理大臣の細川護熙氏が2013年から構想を練り、昨年2019年に奉納された障壁画のある薬師寺慈恩殿を特別におかりしての講座です。

【イベント概要】
日程/2020年2月7日(金)
時間/13:30〜15:30
会場/法相宗大本山薬師寺 慈恩殿
問い合わせ先/0742-23-8288(一般財団法人奈良県ビジターズビューロー)